アップデートクライエントをダウンロード出来ない時の解決策!!3か月間くらい我慢してました・・・。

Screenshot_23.png 僕、今日の今日までずっとレガシークライエント使ってたんですよね。 巷でいわれているアルファクライエントが重いから!!とかではなくて、ただ単にバグか何かでアップデートできなかったというw
今までの状況
アルファクライエント登場      ↓ アップデート完了      ↓ 何となくアルファクライエント削除      ↓ やっぱりアルファにしたくなってダウンロード      ↓ エラー発生(もう一度すべてインストールしなおす)      ↓ もう一度アルファクライエントダウンロードを試みる      ↓ エラー発生(もう一度すべてインストールしなおす)      ↓ 繰り返すこと5・6回 という感じで、もうずっとアルファクライエントを使えなかったんですね・・・。 バグかな?って思ってパッチアップデートとかがあるたびにアルファのダウンロードをしてみたんですけど、結局うまくいかなくて、もう諦めていたんです。 たぶんほとんどの方が、え??今さら??っていう風に思うと思うんですけど、今日やっと改善策をネットで見つけて、本当に嬉しかったので、もしまだ僕と同じ状況の人がいたらと思って紹介したいと思います。
実際の問題の状況
レガシークライエントからUpdate Nowってところを押してからLOLを立ち上げようとすると、 「League of Legends has encountered a problem. Please re-install League alpha client to try again.」 というメッセージが出てきていました。 ここで僕は全ファイルを削除して全部インストールしなおしていたんですね。これをしようと思っている方はやめてください!!ただの時間の無駄になりました・・・。結局直りません。 今考えて見たら Please re-install League alpha clientなんだからアルファクライエントを再インストールすればいいわけで、全部再インストールするわけじゃないっていう・・・。
このバグの直し方
参考にした改善策の元URLはこちらです。 やっぱりコメントによると、僕と同じようなトラブルに陥った人も多いみたいですね。 改善方法としては、 1.LOLのショートカットを右クリックして、「ファイルの場所を開く」をクリック 2."LeagueClient.exe"というファイルを探す 3.そのファイルを削除する 4."lol.launcher.admin.exe"をクリックして開く。 これだけです!! ここまででクライエントがアップデートバージョンをダウンロードし始めてくれて、ついにアルファクライエントを使うことが出来るようになりました。 でも、一応参考サイトによると 5.ランチャーメニューからRepairで修復する。 というところまで書かれていました。 これだけで完了です!!なんとも簡単な手順でした・・・。 もし、僕と同じような状況でアルファクライエントをダウンロードできない方はぜひ試してみてください!!