ブロンズ・シルバーは言うほど下手じゃない。むしろゴールドのほうが下手。

ブロンズが元プロのチャレンジャー相手に2/0/0!?これでLOLが運ゲーだって証明された!? 先月こんな記事を書いてみましたが、今回はこの記事から分かるブロンズとシルバーのダメなところ。そして、意外とゴールドのほうが下手だということについて書きたいと思います。
ブロンズ・シルバーは意外とうまい
この動画ではブロンズRiven vs チャレンジャー(元プロ)Fioraを見れるんですけど、このYoutubeチャンネルではいくつか同じようなビデオが紹介されていて、ぼろ負けするものもありますが、この動画のように意外とレーン戦でのKDAはいい試合もあるんですよね。 ブロンズRyzeがプラチナの試合に挑戦した動画では途中まで4/2/3というKDAで普通に戦えているというのが分かりますね。なんかブロンズvsプラチナ・ダイアだともっとぼろ負けになるような気がしません?プレイヤースキルの高い人もいるということですね。 僕もブロンズやシルバーの試合でプレーすると意外と対面上手かったりするんですよ。(流石に勝ちますけどねw)普通にゴールドより上手いと思う時もあります。 これらから何が分かるかというと、 ブロンズ・シルバーのレーン戦でのチャンピオンの使い方は言うほど悪くない!! ということですね。流石にブロンズ5とかだとまた違ってくるとは思いますが。 では何が違うのでしょうか。
ブロンズ・シルバー・ゴールドの比較
ブロンズとシルバーの違いは、ほぼプレイヤースキルだけかなという感じがしています。つまり、1つのチャンピオンのコツさえつかんでしまえばシルバーにはなれるということです。 実際僕がシルバーになった時もただヤスオで対面をボコボコにして、他のレーンが育つ前に1vs3くらいは余裕で出来るくらいに育つことだけ考えていましたからww戦略はありません。 シルバーとゴールドの違いは、少しのプレイヤースキルにLOLの知識を少し加えた感じでしょうか。この"少しのLOLの知識"が加わるだけでゴールドにはなれます。僕が初めて「LOLは弱くても勝てます」さんのブログを見た(1年前くらいかな?)時には僕はまだシルバー2くらいだったのであんまり意味が分かっていなかったんですけど、今ならこのタイトルの意味が分かりますね。 正直、プラチナやダイアになるにはプレイヤースキルが必要だとは思いますが、ゴールドになるにはさほどいりません。というか、一部のゴールドは一部のブロンズ・シルバーよりレーン戦が下手です。 うそでしょ。またまたそんなわけ。って思うかもしれませんが、結構ゴールドの人レーン戦下手な人見かけますよ。でも、やっぱり中盤からの動き方や集団戦ではゴールドのほうが上手いわけですね。 つまり、勝つための知識があるわけです。
ゴールドになるためには
ゴールドになるためには、最低限のプレイヤースキルを身に着けて、LOLの知識さえつければいいんです。これだけで上位25%になれます。 知識にプレイヤースキルもつけばきっとプラチナ・ダイアになれるんでしょうね。 結局、LOLはReal-Time Strategy Gameなんですよね。作戦が大切!