日本鯖は過疎りまくり!マッチングがひどい!その原因は?

魔境.png こんにちはLoL便です。 きっとすでに小中高生なんかは夏休みが終わってまた学校が始まっている時期ですね。Twitterを見てると「精神年齢が低い人はLoLやめろ!」みたいなツイートをたまに見ますが、プレーヤー人口が減ってしまうのは悲しいですよね。 今回は日本鯖の過疎さについて語りたいと思います。
各サーバーのランク人口一覧(全ておおよその数)
OP.GGを参考にして、人口の多い順に並べてみました。 日本:10万人 北アメリカ:160万人 韓国:320万人 西ヨーロッパ:330万人 北・東ヨーロッパ:180万人 オセアニア:20万人 ブラジル:130万人 LAS:57万人 LAN:59万人 ロシア:20万人 トルコ:89万人 とまあ日本はダントツ少ないですねw日本全体の人口の多さを考えてもLoL人口は割合少ないかと思います。
過疎さを感じる時
上に書いたような統計的なこと以外にも結構過疎さを感じることってありますよね。 ・同じチームにゴールドとチャレンジャーがいた。 ・モルデカイザー使いの人と10回マッチングした。 ・マッチング時間が10分近くになったこともあった。
なんで日本鯖は過疎っているのか(勝手な考察)
YUKA150701598457_TP_V.jpg 1.日本には任天堂やSONYなどによる家庭ゲームの人気が高い WiiやPlayStationで有名な任天堂やSONYは日本の会社であり、海外でも人気はあるもののやはり日本での人気は高いものだと思う。今ではスプラトゥーンなどのオンラインゲームが流行っている。 2.PCオンラインゲームへの偏見がある 今ではスマホの普及により、オンラインゲームが大衆化されましたが、以前はオンラインゲームをやっている人は廃人という固定観念がありました。今でも多少あることでしょう。ゲーム何するの?に対して「Wiiやってる」というのと「パソコンでオンラインゲームやってる」とでは印象がどうしても違いますよね。 また、日本にもインターネットカフェはありますが、そんなに誰もが頻繁に行くような場所ではありません。韓国にはとても多くのインターネットカフェがあり、料金も低く、そこでゲーム(特にLoL)をするのが大きな遊び場となっているようです。実際私があった韓国人の男の人は全員LoLをやっていました。 3.日本での仕事や学業・部活が忙しい やはりよく聞くように日本人は忙しい人生を送っています。高校生は朝から夕方まで学校、それから数時間の部活の後、予備校・塾などに通って受験勉強をする。一方、海外では3時に学校が終わって部活も日本のように全員参加ではなく、半分くらい(もしくはそれ以下)の人しか参加していません。 学校の先生も生徒のためや書類などで夜遅くまで仕事をしている先生は多い日本ですが、海外では3時になった瞬間に生徒と帰宅します。そのあと先生と少し話したくても明日にして、と言われますねw そういう点で、家でPCオンラインゲームをするという人が少ないのかなと思います。特にLoLは1試合1試合の時間が長いですしね。 ※海外というのは僕の経験内での話です。 4.国民性の違い やっぱりLoLには暴言が欠かせません。海外の人は思ったことを結構ズバズバ言います。怒っているときなんかはもちろんですね。なので煽り耐性などがあるのかも知れません。一方で日本では、本音と建前というようにあんまりきついことを言わず、煽り耐性が低い。そんな中LoLで暴言に会うと、ショックを受けたり、やる気がなくなってしまってやめてしまう人も多いのかもしれません。 とは言っても、日本鯖がもっと盛り上がってランク人口が増えて欲しいです!