なぜLoLはすごく中毒性が高いのか?理由を10個挙げてみる!

dominion_header_1920x1080.jpg こんにちはLoL便です。 あなたは週に何時間LoLをしていますか? 人によっては半日、丸一日連続プレーするほどはまっている人もいますよね。僕は今忙しいのもあって以前ほどプレーしていないのですが、結構やっていた時期はありました。 僕は小さなころはゲームをしていたものの、やっぱりゲームなので結構すぐに飽きてしまって全くゲームをしない生活が続いていたのですが、LoLに出会って久しぶりにゲームにはまりました。 LoLの中毒性が高い理由を上げてみたいと思います。
1.課金を する / しない がゲームでの強さに関係ない
やっぱりお金を積めば強くなれる日本のスマホゲームは僕は好きになれません。LoLは課金関係なくその人のプレーヤースキルで差が出る点がいいですね。
2.やればやるほど上手くなる
これが一番大きな点ではないでしょうか。一つ一つのマウスの動き・タイミング、マップ上の作戦、チームワーク、どれも初めは全くなっていないでしょう。しかし、何試合もこなして他のプレーヤーから学んだり、YoutubeやTwitchとかの上位プレーヤーの動きから学んで、上達する。そして勝利する。これこそが一番のLoLでの快感なのでしょう。
3.対人戦であるということ
この点は外せません。僕を含め多くのPvPゲームのプレーヤーはコンピューターとの対戦にはもう飽きてしまっているのではないでしょうか。決められた動きしかしない。熱くなれない。対人戦での燃える感じはたまりませんね。
4.5vs5のチーム戦
スポーツでもチーム戦での一体感というものは面白いものですよね。自分がうまい場合は、下手な味方をどうカバーするか。敵の一番うまい人よりどうやったら上手くできるか。味方の上手いプレーほど頼もしいものはありませんね。そんなチーム戦ならではの難しさを乗り越えたうえでの勝利は格別の喜びでしょう。
5.1試合の長さが長い
LoLのようなMoba系ゲームは1試合の時間がとても長いです。普通のゲームは1試合10分くらいのカジュアルな物が多いでしょう。この1試合の長さが個々のやる気や1試合の大切さを誇張して、真剣で熱狂的なプレーヤーを増やすのでしょう。
6.チャンピオンの数が多い
この点もとても大切です。チャンピオンの数が多いということは、毎試合の構成も幅広い選択肢があり、戦いからにも幅が出るということです。毎試合新しい展開を見せてくれることが何千試合しても飽きない理由でしょう。
7.ランク制度
ランクは個々のやる気を格段にUPさせます。誰もが上へ上がりたい。強くなりたいと思います。逆に低レートを見下したいという気持ちもどこかにきっとあるでしょう。これがランクへの熱意を高めるとともに、サブアカウントを作って多くの時間を割いてまで雑魚狩りをする人が出る理由ですね。
8.暴言を吐く人が多い
これに関しては、よくわからないという人もいるかもしれません。暴言を言われたら萎えてやめてしまうという人もいるでしょう。しかし、僕を含め、暴言を言われたら逆に見返してやろう。自分のほうが強いことを見せつけてやろうと逆に闘争心を燃やす人もいます。そんな人は暴言によってさらにLoLにはまることでしょう。
9.世界大会・プロ選手が存在する
これは言ってみれば、みんなが目指す(感じの)存在があるということですね。きっとLoLプレーヤーなら誰もがFaker・Bjergsenとかの有名なプレーヤーを知っているかと思います。そんな上手いプレーヤーの動画とかを見て憧れて、さらに練習して強くなりたい、そんな気持ちが高められるのかなと思います。
10.世界プレーヤー人口No.1
やはり人口の少ないオンラインゲームを好んでやる人は少ないでしょう。どんなに素晴らしいゲームでも、対人戦でマッチングに時間がかかりすぎるようでは人も去って行ってしまいます。リーグオブレジェンドは全世界での月間プレーヤー人口が1億人を超えたNo.1オンラインゲームです。オンラインゲームには多くのプレーヤーが欠かせません。
まとめ
LoLは本当に中毒性の高いゲームです。つまり超面白いということ。「そろそろLoLやめてほかの何かゲームやろうかな」とほかのゲームを10分でもやれば、「やっぱりLoLしたいわ」といってLoLに戻ってきてしまうんですね。この気持ちはきっとあなたも分かるはず。 NAサーバーの暴言でさえも恋しくなってしまう。そんな魅力がLoLにはあります。なんと素晴らしいゲームなんでしょうか。